多拠点アナログ時差時計

機能の説明
   機能1;一つの時計の中に時差の異なる複数の長針を表示します。
   機能2;時計の針を1時間づつ進めたり戻したりできます。

主な利用方法
   国際間の電話,テレビ会議,電話会議の時刻調整。

利用に際しての注意事項
   ・以下のブラウザ対応ですので、古いブラウザでは表示されない場合があります。
     Firefox,Safari,Chrome,Opera,IE9
   ・夏時間は考慮しておりませんので、1時間の誤差が発生する場合があります。

↓2拠点アナログ時差時計

東京/ニューヨーク

東京/ロスアンゼルス

東京/ロンドン

東京/ベルリン

東京/ハワイ

↓3拠点アナログ時差時計

東京/ニューヨーク/ロスアンゼルス

東京/ニューヨーク/ロンドン

東京/ニューヨーク/ベルリン

東京/ロスアンゼルス/ロンドン

東京/ロスアンゼルス/ベルリン



姉妹ホームページ
コンテンツ作成者の紹介